Life in California
DSCN0296


小説,物語だから可能になることがあり,小説を読むことで文学の力といったものを感じることがある.

万人のためになるというわけではないのかもしれないが,一部の人が読むことによって知恵を得たり,救われることがあれば,それだけで十分な価値というか存在意義があるのではないかと思う.

パウロ・コエーリョという著者の「アルケミスト」という小説は,世代を問わず,割合多くの人が読んでも価値があるような本だと感じた.

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives



Search in this Blog
Contents
Recent Pictures
  • Discern
  • Too many
  • Disasters
  • Encounter
  • Condensed
  • Boundary
  • Power
  • Mood
  • Open
  • Carve out
  • Realize
  • Jet lag
  • 2011
  • Fuji
  • First impression
  • Mountain
  • Travel
  • Temp
  • Detail
  • Can
  • Direct
  • Foods
  • Gamble
  • Calm
  • Choice
  • Expand
  • Past
  • Restart
  • Thought
  • Moon
  • Sun
  • Architecture
  • Farce
  • a sense of fun
  • Principle
  • Cruncher
  • Wisdom
  • Gap
  • Individual
  • Realism
  • Inside
  • Festival
  • Chaotic
  • Change
  • Vitality
  • Societies
  • Depth
  • Inside
  • Balance
  • Abstraction
  • Outside
  • Moving
  • Busy
  • Building
  • East Coast
Recent Comments
Access

  • ライブドアブログ