Life in California
DSCN0813


インターネットの発達とグローバル化は大きく関連している.インターネットによって情報が一瞬にして駆け巡るため.発信された直後にその情報は世界中に知れ渡ることになる.

以前は情報が伝送される方法が限られていたため,発信されたとしても情報が多くの人に知れ渡ることはそれほど多くなかったかもしれない.それらの情報はそれほど大きな波紋を引き起こすことはないと考えられる.

しかし,世の中には多様な考えの人間がいるため,世界中で多くの人に情報がさらされると,その情報の価値や扱い方は大きく異なってくるのだろう.

近年情報漏えいの問題がニュースになっているが,ある程度までは情報漏えいすることはは当たり前の時代になってきているような気がする.

そのような時代だからこそ,何を秘匿にしなければならないのかというのは重要なときになってきたのかもしれない.公のものとして,ごく少数の人であっても他人の目に触れるようなった段階で.それは漏洩する可能性があると考えなければならないのだろう.

秘匿にしておかなければ大きな問題が発生する情報は存在する.秘匿にしたければ公にしなければよいが,その場合誰にも伝達はできなく,価値を失ってしまう可能性がある.このような状況をどのように捉えたらいいのだろうか.このような時代にいかに情報を管理するのがよいのだろうか.

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives



Search in this Blog
Contents
Recent Pictures
  • Discern
  • Too many
  • Disasters
  • Encounter
  • Condensed
  • Boundary
  • Power
  • Mood
  • Open
  • Carve out
  • Realize
  • Jet lag
  • 2011
  • Fuji
  • First impression
  • Mountain
  • Travel
  • Temp
  • Detail
  • Can
  • Direct
  • Foods
  • Gamble
  • Calm
  • Choice
  • Expand
  • Past
  • Restart
  • Thought
  • Moon
  • Sun
  • Architecture
  • Farce
  • a sense of fun
  • Principle
  • Cruncher
  • Wisdom
  • Gap
  • Individual
  • Realism
  • Inside
  • Festival
  • Chaotic
  • Change
  • Vitality
  • Societies
  • Depth
  • Inside
  • Balance
  • Abstraction
  • Outside
  • Moving
  • Busy
  • Building
  • East Coast
Recent Comments
Access

  • ライブドアブログ